山崎まさよし「ウィキペディア」気にする意外な訳

デビュー25周年「自分への評価は過剰だと思う」

現在、デビュー25周年のアニバーサリーイヤーを迎えて全国弾き語りツアー中の山崎まさよしさん。9月22日には2年ぶりのオリジナルアルバム『STEREO 3』も発売されるなど、ますます精力的に活動中です。年末には50歳を迎える山崎さんに、この25年を振り返りつつ今の気持ちを教えてもらいました。(写真:岸本咲子)
この記事の画像を見る(6枚)
上京して初めて住んだ街・桜木町を舞台にした「One more time, One more chance」、SMAPがカバーしたことでも知られる「セロリ」など、数々の名曲を世に送り出してきた、山崎まさよしさん。今年50歳を迎える山崎さんの曲とともに、甘酸っぱい思い出が蘇ってくるという人も多いんじゃないでしょうか。
そんな山崎さんは、2020年9月25日にデビュー25周年を迎え、現在、アニバーサリーイヤーの真っただ中。2021年9月22日には、その締め括りとして約2年ぶりとなるオリジナルアルバム『STEREO 3』をリリースしました。さまざまな意味で節目となる年を迎えている山崎さんに、音楽活動のこと、昨今、おおいにハマっているというDIY(日曜大工)のこと、そして、年齢を重ねることについても話を聞きました。

よく25年も続いたなぁ

──こんにちは、『LEON』です。よろしくお願いします。

本記事はLEON.JPの提供記事です

山崎:(雑誌をめくりながら)『LEON』という雑誌名って、リュック・ベッソン監督の映画から来ているんですよね?

──はい。『LEON』の姉妹誌として『NIKITA』という女性誌も出していました。

山崎:そうなんですか! 僕、監督に会ったことがあるんですよ。ベッソン監督の映画『アンジェラ』のオマージュソングをリリースした関係で、来日の際に花束をお渡ししたんです。あれはどのくらい前だったかな……。

──(スマホで調べて)2006年、15年前ですか!

山崎:そんなになりますか……。

── と、話の流れからでナンですが、デビュー25周年おめでとうございます。山崎さんは『LEON』の読者層ともリンクするので、「山崎さん、デビュー25周年かぁ」と感慨に浸っている読者も多いと思うのですが、山崎さん本人は、25年という歳月を、今どのようにとらえていますか?

山崎:よく25年も続いたなぁ、ありがたいなぁと(笑)。でも、こんな取材を受けておいてアレですが、僕、自分に対する評価って、過剰だと思っているんです。

例えば、ウィキペディアを見るとズラっと経歴が載っていますが、その経歴に見合った活動が本当にできているのだろうかと不安を感じてしまうんです。音楽的なコンプレックスをもっていたこともあったし、自分に自信をなくすことも多いし。何度、解放してくれと思ったことか(笑)。

でも、「好きこそものの~」と、意地でやってきた、そんな25年だったんじゃないかなと思っています。

次ページ意外とチキンハート(笑)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT