そろり再開? 動き出す企業買収ファンド

増える中小企業案件 銀行も融資に積極姿勢

「10年度に入り、ファンドの投資先が売りに出されたり、オーナー系企業の非公開化など、ディールフローは確実に増えている」。企業買収向けローンを手掛ける、三菱東京UFJ銀行M&Aファイナンス室の浅田浩司室長はこう指摘する。

企業買収ファンドが日本で活動を始めたのは、1990年代末のこと。アドバンテッジやユニゾン・キャピタルなど、「御三家」と呼ばれるファンドが活動をスタートさせた。06~07年には、銀行側の積極的な融資姿勢もあって、ファンドの絡む企業買収が活況を呈した。

しかし、08年のリーマンショックからは銀行からの借り入れが難しくなり、企業買収の動きは頓挫する。09年後半以降、金融市場が落ち着きを見せ始めたのと軌を一にするかのように、ファンドの投資活動もようやく活発化してきた。

企業買収に絡む融資は、通常の企業向け融資と比べリスクもあるが、金利を高くとれる。そのためメガバンクを中心に「リターンもリーズナブルで、この分野はゴー」(浅田室長)。自己資本比率規制への対応で資本を積み上げた銀行が、厚くなった資本の分、収益を稼がなければならなくなり、利ザヤの厚い企業買収関連融資を積極化していることも、こうした動きを後押しする。

最近の特徴の一つは、企業価値が200億~500億円規模の中堅・中小企業の案件が中心であることだ。09年にはテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」を運営する「ユー・エス・ジェイ」(買収総額約1500億円)、コールセンター大手「ベルシステム24」(同約1200億円)などの大型案件があったものの、1000億円規模の案件は日本では年に1件あるかないか。このため大手ファンドも、投資先となる企業規模の範囲を広げ、日本市場に合った現実的な案件組成を狙っている模様だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング