"役に立たない"基礎科学が大事なワケ

基礎研究、応用研究、開発研究の関係

もちろん、超新星爆発からのニュートリノを捉えた、という科学は、人類の叡智をさらに高めるものであり、素晴らしい成果です。そして研究者がこの素粒子を追い求めるのも、そこにそれだけの科学的な価値があるからです。「面白い!すごい!」といった研究者の感動が、こうした価値には伴います。聞いている高校生も、そうか、そういうことかと納得するのです。しかしこの「科学的価値」が、すぐに社会の明日に役立つわけではない。このあたりが、難しいところです。

難しい「役立つ」という言葉

「役立つ」という言葉自体、もう少し踏み込んで考える必要があります。この言葉は「この成果は○○の開発に大きな進展を与え、3年以内に製品として市場に出すことができる」といった、経済価値に置き換えて使われることが多く、「将来、何かの役に立ちます」とは、このような可能性を示唆する言葉になってしまいます。たしかに何かが見つかったとき、それがどれだけ将来にインパクトを与えるものかはわからない。100年後に大きな進展があり、何かに役立つことがないとは言えないかもしれません。

しかし、現代の科学は、分野によるとはいえ、もう少し事情が異なります。体系的に研究がされるようになって、どのあたりが「役立つか」が、全体的に見えやすくなったという事実もあります。あるいは「役立たないのか」がわかることもあるわけです。

さらにもう少し幅を広げてみると、研究者が価値あると思う科学の成果は、経済的に役立つか役立たないかは別にして、学術の成果を着実に積み重ねる「科学的価値」が確実にあるので、学術の進展に「役立つ」と言うこともできます。

かつてアメリカのフェルミラボの所長であったウィルソンが、素粒子分野の研究のために、大きな加速器を作りたいと提案しました。1969年に議会に呼ばれた彼は「それは国防に役立つのか?」と質問されます。ウィルソンは「国防には直接役立ちませんが、我が国を守るに値する国にするのに役立ちます」と答え、科学者の心を奮い立たせました。そして完成したのが、テバトロンと呼ばれる当時の代表的な加速器です。今の時代にはおそらく通用しない冷戦下ならではの言葉ですが、非常に上手な返し方をしたわけです。

次ページ率直に役立たないと説明するべき
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。