普天間基地移設先、辺野古容認が最多だが、国外移設も3割弱--東洋経済1000人意識調査

普天間基地移設先、辺野古容認が最多だが、国外移設も3割弱--東洋経済1000人意識調査

鳩山首相退陣の一因ともなり、衆目を集めた米軍普天間基地の移設問題。「辺野古への移設でやむをえない」と、政府案に理解を示す人が3分の1を超えるが、地元理解は得られるのか。「日本国外に移設すべき」とする人が3割弱いる。
(週刊東洋経済編集部)


(n=1000、単一回答)


■性別・年齢別クロス集計

■地域別クロス集計

【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の15~69歳男女 1000人(中学生は除く)、割付方法:全国8地域・性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間:2010年6月7~9日 ※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる
【実査委託先】Yahoo!リサーチ

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。