普天間基地移設先、辺野古容認が最多だが、国外移設も3割弱--東洋経済1000人意識調査

普天間基地移設先、辺野古容認が最多だが、国外移設も3割弱--東洋経済1000人意識調査

鳩山首相退陣の一因ともなり、衆目を集めた米軍普天間基地の移設問題。「辺野古への移設でやむをえない」と、政府案に理解を示す人が3分の1を超えるが、地元理解は得られるのか。「日本国外に移設すべき」とする人が3割弱いる。
(週刊東洋経済編集部)


(n=1000、単一回答)


■性別・年齢別クロス集計

■地域別クロス集計

【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の15~69歳男女 1000人(中学生は除く)、割付方法:全国8地域・性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間:2010年6月7~9日 ※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる
【実査委託先】Yahoo!リサーチ

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。