70代でスタートアップに再入社した80歳の生き方

80歳・現役エンジニアが生涯夢中を貫けるワケ

スタートアップに70代で再入社した80歳の現役エンジニア、深谷ヒロカズさん。生涯現役の秘密とは?(写真:saki/PIXTA)
この記事の画像を見る(5枚)
幼少期、学生時代……誰しも時間を忘れて何かに没頭した経験があるはず。仕事にも同じくらい夢中になれたら、すごい力を発揮できそうなのに。そんなエンジニアたちのモヤモヤした気持ちを解消するべく、業界内外の「夢中人」から研究者まで、幅広い取材で特集する。

人生100年時代、“定年消滅”が囁かれる中、生涯現役で働き続けるエンジニアは今後ますます増えていくだろう。だが、「ずっと働き続ける未来」を肯定的に捉えられる人は少ないかもしれない。環境や立場、ライフステージが変わっていく中で、仕事に夢中で向かい続ける自信が持てない人も多いはずだ。

本記事は『エンジニアtype』(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です。元記事はこちら

しかし、法人向けにクラウド型『Akerun入退室管理システム』を提供するスタートアップPhotosynth(フォトシンス)で働く 「80代現役エンジニア」の深谷ヒロカズさんのキャリアが、私たちの人生100年時代への不安を軽やかに吹き飛ばしてくれる。

約60年エンジニアとして働き続けてきた深谷さんは、今なお「仕事が大好きでたまらない」というのだ。過去を振り返っても、「仕事が嫌いになったこと」や「仕事に冷めたことはない」と話す。なぜ深谷さんは生涯夢中を貫けるのか、その秘訣を聞いた。

70代で若者だらけの会社にジョイン

株式会社フォトシンス エンジニア 深谷ヒロカズさん(写真:『エンジニアtype』)

とにかく技術が好きで、ずっと技術畑にいますね。

大学卒業後は大手通信機メーカーに就職。テレビ関連の技術部門に配属され5年ほど勤務したのち、半導体分野への関心が深まったことを機に転職し、アナログIC(集積回路)の設計を約17年間担当しました。1ドル360円の時代のアメリカ駐在も経験し、カルチャーショックもたくさん受けました。

その後、ICの応用部門へ異動。最後の10年間は中国の合弁会社の技術者育成や市場開拓などの実務に携わり、中国国内の主要電機電子メーカーや理工科系の大学、中小企業に幅広く拡販活動を展開しましたね。おそらく私ほど濃く中国電子部品市場開拓の経験をしたエンジニアはいないのではないかと思います。

次ページ2000年の定年退職後は…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT