アップル、中国現地でデータ保存を開始

中国ユーザーのデータは中国本土で

 8月15日、米アップルは中国のユーザーのデータを中国本土に設置されたサーバーに保存し始めたと発表した。写真は4月22日、ニューヨークで(2014年 ロイター/Brendan McDermid)

[北京 15日 ロイター] - 米アップルは15日、中国のユーザーのデータを中国本土に設置されたサーバーに保存し始めたと発表した。

同社のクラウドサービス「iCloud(アイクラウド)」の処理速度の高速化や信頼性向上に向けた取り組みの一環としている。

ユーザーのデータは、同国3位の携帯電話会社チャイナ中国電信(チャイナ・テレコム)<0728.HK>が提供するサーバーに保存される。

アップルは「すべてのデータは暗号化され、チャイナ・テレコムがコンテンツにアクセスすることはできない」とし、ユーザーのセキュリティやプライバシーについて真剣に対処していることを強調した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。