アップル、中国現地でデータ保存を開始

中国ユーザーのデータは中国本土で

 8月15日、米アップルは中国のユーザーのデータを中国本土に設置されたサーバーに保存し始めたと発表した。写真は4月22日、ニューヨークで(2014年 ロイター/Brendan McDermid)

[北京 15日 ロイター] - 米アップルは15日、中国のユーザーのデータを中国本土に設置されたサーバーに保存し始めたと発表した。

同社のクラウドサービス「iCloud(アイクラウド)」の処理速度の高速化や信頼性向上に向けた取り組みの一環としている。

ユーザーのデータは、同国3位の携帯電話会社チャイナ中国電信(チャイナ・テレコム)<0728.HK>が提供するサーバーに保存される。

アップルは「すべてのデータは暗号化され、チャイナ・テレコムがコンテンツにアクセスすることはできない」とし、ユーザーのセキュリティやプライバシーについて真剣に対処していることを強調した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT