中国コンテナ船大手「コスコ」船隊増強を急ぐ狙い

傘下のOOCLが大型船10隻の建造契約を締結

中遠海運控股は子会社の東方海外貨櫃航運(OOCL)を通じて大型コンテナ船10隻を新造し、国際競争力の維持を図る(写真は同社ウェブサイトより)

中国の国有海運大手の中遠海運控股(コスコ・シッピング・ホールディングス)は9月3日、同社傘下の東方海外貨櫃航運(OOCL)が積載量1万6000TEU(20フィートコンテナ換算)の大型コンテナ船10隻の建造契約を締結したと発表した。契約総額は15億7580万ドル(約1733億円)に上る。

これに先立つ7月15日、同じく傘下の中遠海運集運(コスコ・シッピング・ラインズ)も、積載量1万4000TEU型と1万6000TEU型の合計10隻の大型コンテナ船の建造契約を結んだと発表した。その契約総額は14億9600万ドル(約1645億円)だった。

両子会社の既存契約を合わせると、中遠海運控股が発注済みの大型コンテナ船は32隻、輸送力は58万TEUに達し、建造費は総額330億元(約5617億円)を超える。同社はこれらの大型コンテナ船を2023年から2025年にかけて相次いで投入する計画だ。

コンテナ海運はスケールメリットの勝負

中遠海運控股は現在、コンテナ海運業界で世界第4位の輸送力を持つ。フランスの海運調査会社のアルファライナーが9月3日に発表したデータによれば、中遠海運控股が運航中のコンテナ船は489隻、輸送力は297万TEUに達する。だが最近、輸送力のランキングでフランスの海運大手のCMA CGMに抜かれて世界第3位の地位を明け渡した。ちなみに世界首位のデンマークのA.P.モラー・マースクと同2位のスイスのMSCの輸送力は、いずれも400万TEUを超えている。

本記事は「財新」の提供記事です

コンテナ海運業界では、スケールメリットこそが競争力の源泉だ。中遠海運控股は今回の大型コンテナ船建造の狙いについて、「新造船の投入によって世界の上位グループの一角を維持していく。船隊の(全体的なコスト効率の)最適化と同時に、(社外の船主からの)船舶リースへの依存率を下げることができる」と説明した。

だが、(新型コロナウイルスの防疫対策の影響などで)国際コンテナ輸送の需給逼迫が続くなか、ライバル企業も新造船の建造を急いでいる。なかでも世界2位のMSCと3位のCMA CGMの2社は強気の姿勢だ。前出のアルファライナーのデータによれば、MSCは55隻を発注し、輸送力を89万TEU増強。CMA CGMは44隻を発注し、53万TEUを増強する計画だ。

(財新記者:賈天瓊)
※原文の配信は9月3日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT