【産業天気図・重電】円高や欧州懸念が後半の不安材料、下期以降は「曇り」に後退

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

重電大手3社の景況感は、2010年9月まで「晴れ」だが、10月以降の後半は「曇り」に一段後退しそうだ。円高などを受け回復の足取りはやや頼りなく、後半の業績改善はコスト削減に依存しそう。欧州財政危機の拡大も懸念材料だ。

日立製作所<6501>の今11年3月期は、絶好調のHDD事業などデバイス関連が大きく利益を増やすほか、前々期に大赤字、前期も若干の赤字だった車載関連と民生機器がリストラ効果などで黒字化する。

グループ会社では日立建機<6305>、日立金属<5486>、日立化成工業<4217>が収益を拡大、日立電線<5812>、半導体製造装置が好調に転じた日立ハイテクノロジーズ<8036>と日立国際電気<6756>が黒字化などにより、大幅に収益は改善。

ただ持分法のルネサスエレクトロニクス(ルネサステクノロジとNECエレクトロニクスの統合会社)<6723>は半導体市況の回復で営業利益ベースは改善するが、事業再構築による特損で最終赤字の公算で、持分法投資損益の改善幅は限られる。しかしこれらの要素を踏まえても、前期の上場子会社5社TOBなどで税負担が軽減した効果もあって、日立製作所は5期ぶりの最終黒字が果たせそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT