中国最大「漫画アプリ」が263億円資金調達の狙い

ユーザー3億人超の「快看」、事業はすでに黒字化

オンライン漫画アプリで中国首位の快看は、約263億円の資金調達を発表した(写真は同社ウェブサイトより)

オンライン漫画アプリで中国首位の「快看(クワイカン)」は8月23日、2億4000万ドル(約263億円)の資金調達を完了したと発表した。出資者のリストには、既存株主であるネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)、アメリカのヘッジファンドのコーチュー・マネジメント、投資会社の天図資本のほか、新たに投資銀行大手の建銀国際、韓国のアプリストアのワンストアなどが加わった。

快看によれば、今回の資金調達額は単一ラウンドでの金額としては同社にとって過去最大であり、同時に中国の漫画業界における資金調達額の最高記録を塗り替えたという。

2014年12月に創業した快看は、中国の漫画家が創作したオリジナル漫画を(アプリやウェブを通じて)高画質・フルカラーで提供。スマートフォンやタブレットの画面を上下にスクロールしながら読むことを前提にした「縦スクロール漫画」に対応している。現在の登録ユーザー数は3億4000万人。そのうち1995年以降に生まれた「Z世代」が9割以上を占め、月間アクティブユーザー数は5000万人に上る。

オリジナル漫画の創作支援に約170億円

「目下のところ売り上げの大部分を漫画事業が稼いでおり、その内訳は広告、会員費、有料コンテンツ、版権ライセンスなどだ。漫画事業はすでに黒字化を達成した」。快看の創業者でCEO(最高経営責任者)を務める陳安妮氏は、財新記者の取材に対してそう語った。

陳氏によれば、中国の漫画市場をさらに発展させるためには、オリジナル漫画の作家をもっと増やす必要があるという。

「(快看が創業した)2014年の時点で、日本にはプロの漫画家が約7000人いた。しかし人口が日本の10倍以上の中国には600人余りしかいなかった」(陳氏)

本記事は「財新」の提供記事です

今後3年間で、快看はオリジナル漫画の創作サポートに10億元(約169億円)を投じる。と同時に、「漫劇(マンチュイ)」と呼ばれる新分野にも同額を投資する計画だ。

漫劇とは、TikTok(ティックトック)などのショート動画アプリで鑑賞しやすいよう、漫画に動きや音声をつけて3分以内の簡易アニメーションに仕立てたものだ。快看によれば、漫劇は同社の配信開始から2カ月で再生回数が15億回に達し、そのうち抖音(TikTokの中国国内版)での再生回数が14億3000万回に上った。快看はさらに3000本の新作漫劇を制作中としている。

(財新記者:関聡)
※原文の配信は8月23日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT