横浜の市電、なぜ「独立採算」で保存できるのか

かつての市内主要交通、車両計7両が保存館に

横浜市電保存館の館内。6両の電車と1両の貨車を展示しており、路面電車の保存としては全国的に見ても充実している(筆者撮影)
この記事の画像を見る(14枚)

横浜に路面電車が最初に走ったのは1904年7月、横浜電気鉄道(以下、横浜電鉄)の手によって開業した神奈川―大江橋間の2.6kmだった。「神奈川」は1928年に廃止された東海道線の神奈川停車場前、「大江橋」は現在の桜木町駅前である。

その後、路線は順次延長され、1921年に横浜市が横浜電鉄を買収し、「横浜市電」が誕生。2021年は、横浜市営交通100周年の節目に当たる。

1972年3月の市電全廃後、滝頭(たきがしら)の車両修繕工場・車庫跡に横浜市電保存館(以下、保存館)が開設され、現在も電車6両と貨車1両を保存・展示している。今回は同保存館を取材し、横浜市電の歴史や車両の保存・展示がどのように行われているのかなどについて話を聞いた。

ビールも運んだ路面電車

我が国で電気鉄道が最初に開業したのは1895年の京都であり、名古屋(1898年)、川崎の大師電気鉄道(京急大師線の前身・1899年)と続き、横浜は全国で12番目だった。ほかの大都市に比べて横浜での電車開業が遅れたのは、複数グループの競願になったことや、人力車夫による猛烈な反対運動があったことによる。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

開業後は本牧、八幡橋(現・磯子区中浜町)、弘明寺など、当時の郊外へと着々と路線を延ばしていった。この中で、とくに興味深いのが本牧線である。電車専用の麦田トンネル(現在は市道の第二山手隧道)を掘削する難工事を伴って開通した同線によって、「開発が遅れていた本牧方面には関内の豪商たちの住居や別荘が次々と建設」(『横浜市交通局八十年史』)されるなど、市電の路線延長は都市の拡大を牽引する役割を担った。

また、この時期の特筆すべき出来事として、貨車によるビール輸送がある。1870年、アメリカ人のウィリアム・コープランドが山手の天沼(現在の市立北方小学校敷地)にビール醸造所を設立し、これを前身として、1907年に麒麟麦酒(キリンビール)が創立された。このキリンビール山手工場は、後に関東大震災で倒壊して生麦に移転するが、それまでの間、貨車で元町河岸までビールを運び、船積み・出荷したという。

次ページスト頻発で「私営より市営に」議論高まる
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT