サメなのに好物はプランクトン!海の生き物の謎 世界最大のさかな「ジンベエザメ」の不思議

拡大
縮小
ゆうゆうと泳ぐ大迫力のジンベエザメ。その一風変わった生態をかわいさあふれるイラストとともに紹介します(写真:@yume/PIXTA)
この記事の画像を見る(7枚)
世界最大の魚「ジンベエザメ」。大迫力のボディーとは裏腹に、実はとっても不思議ちゃん!?でツッコミどころが満載なんです。今すぐ誰かに話したくなるおさかな知識を「さかなのおにいさん かわちゃん」作のかわいさあふれるイラストでお届けします。

ジンベエザメは、世界最大の魚

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

海の生き物へのリスペクトと愛がにじみ出るあたたかいイラストに加え、衝撃ならぬ笑撃の事実が満載の【おもしろすぎる! 海の仲間たち ツッコミたくなるおさかな図鑑】(さかなのおにいさん かわちゃん著/ワニブックス刊)。今回は「ジンベエザメ」について。

・分類:テンジクザメ目 ジンベエザメ科
・大きさ:約12m
・生息地:あたたかい海
・食べもの:プランクトン、小魚
次ページ世界一大きいだけじゃない!?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT