テレビとYouTube「二刀流芸人」の"ネットの流儀"

さんまにとって「YouTube=素人の領域」だが…

 (写真:MediaFOTO/PIXTA)
今なお「お笑いの中心的存在」であり続けるタモリ、たけし、さんまのビッグ3、先鋭的な笑いを追求して90年代に台頭したダウンタウン、M‐1グランプリから生まれた新潮流、そして「お笑い第7世代」……。新著『すべてはタモリ、たけし、さんまから始まった』では、日本社会の「笑い」の変容と現在地を鋭く描き出しています。
本稿は同書より一部を抜粋・編集しお届けします。

お笑い芸人vs.ユーチューバー

ユーチューバーを代表する存在と言えば、HIKAKINやはじめしゃちょーだろう。彼らが投稿する動画の内容は、商品紹介やゲーム実況などさまざまである。ただそのなかで、笑いの要素は大きな比重を占めている。そうした類の動画が、視聴回数を稼ぐ傾向にあるからだ。

その典型として、動画タイトルに「~してみた」とつくようなチャレンジものを挙げることができるだろう。はじめしゃちょーの動画「コーラ風呂に体中メントスで入ってみた」(2014年7月公開)は、本人がメントスを体中に張り付けてコーラ風呂に入る(2つを混ぜると泡が噴出することが知られている)とどうなるかを実験したもの。

またHIKAKINの動画「【もはや鏡】アルミホイル2日間ハンマーでたたいたら超ピカピカの鉄球出来たw【ボール】」(2018年3月公開)は、タイトルにあるように、球状にしたアルミホイルをたたき続け、磨いてピカピカの鉄球にする工程を映したもの。いずれも1000万単位の視聴回数を記録している。

次ページ2つの動画の共通点は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT