急落した金価格は今後もさらに下落するのか

下落から反転するタイミングはいつになるのか

金は、安全資産としての需要は根強いはずだったが……(写真:sefa ozel/iStock)

金相場が、一気に下落基調を強めてきた。

国際指標となるNY(ニューヨーク)の金先物価格は、6月15~16日に開催された連邦公開市場委員会(FOMC)後に急落したものの、最近はどちらかというと立ち直りを見せていた。

アメリカの雇用統計で「暗雲」、再び急落

6月の声明と同時に発表された連銀高官の政策金利見通し(ドットチャート)で、利上げ時期の大幅前倒しの可能性が示されたことで金への売りが加速。一時は1トロイオンス=1800ドル台半ばから1700ドル台半ばまで急落した。だが、7月に入るとアメリカの長期金利が低下に転じたことを好感する形で買いが集まり、1800ドル台をあっさりと回復していたからだ。

そこから1カ月以上、1800ドルの節目をやや上回ったあたりを中心としたレンジ内でのモミ合いが続いていたのだが、8月6日に発表された7月のアメリカ雇用統計の結果で事情は変わった。非農業部門の雇用数が前月比94.3万人と、予想を上回る伸びとなったうえ、失業率も5.4%と、新型コロナウイルスショック後の最低を更新したことで、金売りが加速。9日には一時1700ドルの節目を大きく割り込むまで値を崩すという、「衝撃の展開」となった。

金相場はこのままさらに大きく値を切り下げてしまうのだろうか。ここでは足元の状況を改めて分析したうえでで、再び「輝き」を取り戻すことができるのか、可能性を探ってみたい。

次ページテーパリングが現実となれば、さらに売りに押される?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT