F35開発、三菱重工の参画が遅れる可能性

日本政府内の意見対立が背景に

 8月4日、最新鋭ステルス戦闘機「F35」開発計画への三菱重工業の参画が遅れる可能性があることが、2人の関係者への取材で分かった。写真は2012年12月、都内で撮影(2014年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 4日 ロイター] - 最新鋭ステルス戦闘機「F35」開発計画への三菱重工業<7011.T>の参画が遅れる可能性があることが、2人の関係者への取材で分かった。費用負担をめぐる日本政府内の意見対立が背景。

三菱重は、F35開発に参画している英BAEシステムズとの後部胴体供給をめぐる合意について、再交渉する必要も出てくる可能性もある。

政府内での意見対立は、費用負担を支持する官僚と、財政赤字削減へ歳出を抑制したい財務省関係者の立場の違いを浮き彫りにした。

三菱重の広報担当者はコメントを差し控えた。BAEの広報担当者からもコメントは得られていない。

菅義偉官房長官はこの件についてのコメントを差し控える一方、F35の計画への参画が日本の技術基盤の高度化と国内産業の育成に役立つ、との見解を示した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。