公務員制度改革には6割強が賛成--東洋経済1000人意識調査

公務員制度改革には6割強が賛成--東洋経済1000人意識調査

公務員制度改革の推進に関しては6割強の人たちが賛成(賛成および、どちらかといえば賛成)の回答だった。

性別でみると男性は7割弱が賛成、女性は55%程度と差が開いている。また年齢別では男女とも年齢層が上がるほど改革を求める声が強い。男性60代では4人に3人までが賛成となっている。長い人生経験の中で役所の理不尽さを経験することが多いせいだろうか。地域別では東北地方での賛成比率の高さが目立つがサンプル数が少ない。

国会で審議中の公務員法改正案については、約5割が賛成(賛成および、どちらかといえば賛成)。性別、年齢別、また地域別の傾向は、公務員制度改革の推進の傾向とほぼ同じだ。
(東洋経済オンライン編集部)


■公務員制度改革の推進について


(n=1000、単一回答)

・性別・年齢別クロス集計

・地域別クロス集計


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。