公務員制度改革には6割強が賛成--東洋経済1000人意識調査

公務員制度改革には6割強が賛成--東洋経済1000人意識調査

公務員制度改革の推進に関しては6割強の人たちが賛成(賛成および、どちらかといえば賛成)の回答だった。

性別でみると男性は7割弱が賛成、女性は55%程度と差が開いている。また年齢別では男女とも年齢層が上がるほど改革を求める声が強い。男性60代では4人に3人までが賛成となっている。長い人生経験の中で役所の理不尽さを経験することが多いせいだろうか。地域別では東北地方での賛成比率の高さが目立つがサンプル数が少ない。

国会で審議中の公務員法改正案については、約5割が賛成(賛成および、どちらかといえば賛成)。性別、年齢別、また地域別の傾向は、公務員制度改革の推進の傾向とほぼ同じだ。
(東洋経済オンライン編集部)


■公務員制度改革の推進について


(n=1000、単一回答)

・性別・年齢別クロス集計

・地域別クロス集計


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。