中国で五輪「日本人選手」に誹謗中傷続く2つの訳

対戦相手の中国人選手が自制求めても収まらず

日本でもSNSの誹謗中傷の深刻さが認識されたのは最近だ。自殺した木村花さん、あおり運転で加害者扱いされた無関係の女性など、取り返しのつかない被害が明るみになり、中傷された側の大変な労力によって、ルールが整備されつつある。

中国は毅然とした対応を取るべきだ

中国は半年後の冬季五輪のホスト国として、選手が競技に集中できるよう環境整備を先導する責任がある。少なくとも「橋本選手のインスタを狙え」といった投稿は削除するなりアカウントを凍結するなり、毅然とした対応を取るべきではないだろうか。

また、日本人も、自国や海外チーム・選手を中傷する発言が機械翻訳などにかけられ、海外で炎上の要因になっていることも認識してほしい。伊藤選手のツイートとして拡散した投稿もフォロワー数が20にも満たないアカウントで、日本ではスルーされている。おそらく投稿者本人も、そこまで騒ぎになっているとは気づいていないだろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT