マイクロソフト、サムスン電子を提訴

ノキアに絡んだ特許料支払いで対立

 8月1日、米マイクロソフトは、特許使用料を支払わなかったとして韓国のサムスン電子をマンハッタン連邦地裁に提訴した。2010年6月撮影(2014年 ロイター)

[1日 ロイター] - 米マイクロソフトは1日、特許使用料を支払わなかったとして韓国のサムスン電子<005930.KS>をマンハッタン連邦地裁に提訴した。補償額は明らかにしていない。

マイクロソフトの次席法務顧問デビッド・ハワード氏はブログで、ライセンス契約についてサムスンと認識の違いがあると指摘した。

サムスンは声明で訴状を詳しく検討した上で適切に対処するとの方針を示した。

訴状によると、両社は2011年にライセンス契約を結んだが、マイクロソフトが昨年、フィンランドのノキアから携帯電話事業を買収すると発表した後、サムスンが特許使用料の支払いを拒否。サムスンは最終的に使用料を支払ったが、利子は支払われていないとしている。

ノキアの携帯電話事業買収によりマイクロソフトがライセンス契約に違反したとサムスンは主張しているという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT