マイクロソフト、サムスン電子を提訴

ノキアに絡んだ特許料支払いで対立

 8月1日、米マイクロソフトは、特許使用料を支払わなかったとして韓国のサムスン電子をマンハッタン連邦地裁に提訴した。2010年6月撮影(2014年 ロイター)

[1日 ロイター] - 米マイクロソフトは1日、特許使用料を支払わなかったとして韓国のサムスン電子<005930.KS>をマンハッタン連邦地裁に提訴した。補償額は明らかにしていない。

マイクロソフトの次席法務顧問デビッド・ハワード氏はブログで、ライセンス契約についてサムスンと認識の違いがあると指摘した。

サムスンは声明で訴状を詳しく検討した上で適切に対処するとの方針を示した。

訴状によると、両社は2011年にライセンス契約を結んだが、マイクロソフトが昨年、フィンランドのノキアから携帯電話事業を買収すると発表した後、サムスンが特許使用料の支払いを拒否。サムスンは最終的に使用料を支払ったが、利子は支払われていないとしている。

ノキアの携帯電話事業買収によりマイクロソフトがライセンス契約に違反したとサムスンは主張しているという。

人気記事
トピックボードAD
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。