フォルクスワーゲン、中国電池メーカーと組む訳

統一規格のセルを共同開発、ドイツに工場新設

ドイツ自動車大手のフォルクスワーゲンは、中国の電池大手の国軒高科(ゴーション・ハイテク)と統一規格の電池セルを共同開発する(写真は同社ウェブサイトより)

ドイツの自動車大手、フォルクスワーゲン(VW)は7月13日、中国の大手電池メーカー国軒高科(ゴーション・ハイテク)と三元系リチウムイオン電池の統一規格のセルを共同開発すると発表した。ドイツのニーダーザクセン州ザルツギッターに新工場を建設し、2025年に生産を開始する計画だ。

VWは2021年3月、将来に向けた電池の安定調達を確保するため、ヨーロッパで6カ所の電池工場を建設する構想を打ち出していた。この計画の2番目となるのが、ザルツギッター工場だ。

前日の7月12日、国軒高科はVWと戦略提携の覚書に調印した。同社が翌日開示した情報によれば、ザルツギッター工場は2社が共同建設し、ビジネスモデルも共同で策定するという。

国軒高科は初の指定サプライヤーに

具体的には、国軒高科とVWは原材料や機械設備などの共同調達や共同投資を検討する。長期間の一括購買契約や、資金調達の一元化などによって、原材料の調達とコストの安定化を図る。それとともに、ザルツギッター以外の両社の工場で必要な生産設備などの調達も一本化することで、シナジー効果を最大限に発揮することを目指す。

本記事は「財新」の提供記事です

VWの統一規格の電池セルは角形で、(電池のコストに影響する)正極材には低価格のエントリーモデル向けはリン酸鉄系、中級モデル向けはマンガン酸系を用いる。2030年までに同社のEV(電気自動車)の8割に搭載する計画だ。

国軒高科によれば、今回発表した統一規格セルの共同開発はVWの中国事業のために行うもので、同社は競合他社に先駆けてこの契約を獲得した初の指定サプライヤーであるとしている。VWの中国統括会社も国軒高科と契約を結んだことを認め、中国で現地生産する車両に広く搭載する予定であると明らかにした。

(財新記者:鄭麗純)
※原文の配信は7月14日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT