日経平均3万円復活への「2つの条件」がほぼ整った

気になる菅内閣の支持率も今後徐々に回復へ?

7月13日に出た有力新聞社の世論調査では、菅義偉内閣の支持率は37%、不支持率は53%だったが、これを東京都に限ると支持率28%、不支持率はなんと63%だった。

政府のコロナ対応についても、感染者が多い東京都では「評価する」が24%でしかなかった。兜町筋から、この数字では「株は力を入れて買えない」という話が多数聞こえてくる。

5月以降、相場格言が通じなくなった

一方、「株のことは株価に聞け」との相場格言があるが、そのようにしたらどうなったか。最近の日経平均の動きに従ってみると、5月11~13日に大陰線が3本連続し2000円以上の値下がりとなり、直近の安値2万7663円を下回った。

本来、これは明らかな「相場の崩れ」の形で、株価的には完璧な売りシグナルである。早速翌日の寄り付き(2万7723円)で売ったと仮定したら、6月15日には2万9441円の引け値まで一気に戻して、大外れとなった。

またその後の7月9日には、200日移動平均線や5月13日の安値まで下ヒゲを出しての「手繰り陽線」が出た。これは明らかな買いシグナルで、翌日7月12日の寄り付き(2万8412円)で買ったと仮定したら20日の引け値は2万7388円で、今度は逆の形で大きな痛手を受けたことになる。このように昨今は「株価に聞く」こともできない。

もう1つ、迷ったときには「国策には逆らうな(素直に国の政策に資金を乗せろ)」ともいわれる。しかし、残念ながらこちらも前述のごとき国(内閣)への「低支持率」では、素直に資金を乗せられない。

次ページ今後、日経平均が上昇する条件は何か?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT