電気自動車ベンチャーの米テスラへ投資したトヨタ、電気自動車で存在感を示せるか

電気自動車ベンチャーの米テスラへ投資したトヨタ、電気自動車で存在感を示せるか

5月21日、シリコンバレーでトヨタ自動車とテスラ・モーターズが、電気自動車(EV)の生産開発等で業務提携することを発表した。今回のトヨタとテスラとの提携について、カリフォルニアでは新たに1000人の雇用が創出されるとあり、歓迎ムードだ。

アーノルド・シュワルツェネッガー州知事が提携発表の場に姿を現し、トヨタとテスラの提携をたたえた。特にGMとトヨタの合弁工場・NUMMI(ニュー・ユナイテッド・モーター・マニュファクチャリング)が閉鎖されたばかりのフリーモント市では、歓迎一色である。

テスラ・モーターズは1000万円以上の高級EV「ロードスター」をすでに世界で1000台以上販売し、2年後には約500万円のセダン型EV「テスラ・モデルS」を量産する計画を明らかにしている。
 
 ハイブリッド車で成功する一方で、EVでは出遅れ感があるトヨタが、テスラとの業務提携で、EV事業に本格的に参入することになる。トヨタは出資比率2~3%に相当する約45億円をテスラに出資し、EVの生産は旧NUMMIで来年から開始する予定だ。

ところで、トヨタ社長・豊田章男氏がラブコールしたテスラとは一体、どんな会社なのだろうか。テスラは03年に設立されたベンチャー企業。現在、週に少なくとも15台以上のロードスターをカスタムメードで作っている。先端的なデザインの車を作る会社として、評判が高い。(関連記事■米国セレブに大人気の電気自動車テスラ・モーターズ

ロードスターは世界中から調達した部品で作られている。たとえば、車台は英ロータス社、カーボンファイバー製のボディは仏ソラ・グループのソティラ社から。3.9秒で97km/hへと加速可能なリチウムイオン電池を作っているのは、日本のパナソニックだ。電池はEVの核技術とも言え、その意味ではテスラは日本企業とすでに縁が深い。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT