欧州サッカー界で高まる「中国ブランド」の存在感

欧州選手権で主要スポンサーの3分の1を占める

サッカー欧州選手権では多くの中国ブランドがスポンサーとなった(写真はvivoのウェブサイトより)

新型コロナウイルスの影響で開催が1年延期された、サッカー欧州選手権が6月12日に開幕した。今大会のスポンサーには、国有家電大手の海信集団(ハイセンス)、キャッシュレス決済の支付宝(アリペイ)、スマートフォン大手のvivo(ビボ)、ショート動画アプリのTikTok(ティックトック)という4つの中国ブランドが名を連ね、主要スポンサーの3分の1を占めた。その結果、中国は国別のスポンサー数で最多となった。

中国ブランド以外の主要スポンサーは、オランダからオンライン旅行予約サイトのブッキングドットコム、ビール大手のハイネケン、フードデリバリー企業のテイクアウェイの3社、アメリカから飲料大手のコカ・コーラと物流大手のフェデックスの2社、ロシアから政府系天然ガス会社のガスプロム、カタールから航空大手のカタール航空、ドイツから自動車大手のフォルクスワーゲン、となっている。

ここ数年、中国ブランドは国際的なトップクラスのスポーツイベントのスポンサーに積極的に名乗りを挙げてきた。ハイセンスが中国企業として初めてサッカー欧州選手権のスポンサーになったのは2016年。この大会以降、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペインの欧州5カ国でブランドの認知度が大幅に高まったと、同社はホームページで述べている。

アリペイの契約金額は264億円超との報道も

アリペイは2018年11月に欧州サッカー連盟と8年間のスポンサーシップ契約を締結した。この契約には、今大会と2024年のサッカー欧州選手権、UEFAネーションズリーグの4大会の決勝戦、契約期間内に開催されるすべてのサッカー欧州選手権の予選とFIFAワールドカップ欧州地区の予選などが含まれる。AP通信の報道によれば、契約金額は2億ユーロ(約264億円)を超えるという。

本記事は「財新」の提供記事です

vivoは今大会と2024年のサッカー欧州選手権のスポンサーを務めるとともに、同大会の公式スマートフォン・サプライヤーにも認定されている。さらにvivoは両大会の開会式の冠スポンサーも務める。

また、サッカー欧州選手権史上初めてSNSアプリの主要スポンサーとなったのがTikTokだ。TikTokはその中国版アプリの「抖音(ドゥイン)」に同大会のオフィシャルアカウントを開設し、大会期間中に中国向けのオリジナルコンテンツを配信している。

(財新記者:何昕曄、関聡)
※原文の配信は6月16日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT