東急ハンズ「中の人」が語る"宣伝と雑談"の黄金比

宣伝一辺倒の投稿は、ツイッターでは逆効果

フォロワーとの仲のよいやりとりを実践してきた東急ハンズは、宣伝ツイートをしないわけではありませんが、そこには一定のルールがあるといいます(写真:DKart/iStock)
企業の公式アカウントである以上、会社や商品に関する宣伝は避けられません。しかし、ツイート内容が宣伝一色だと、フォロワーとの良好な関係性は築けませんし、フォロワー数も伸びないでしょう。
フォロワーとの仲のよいやりとりを実践してきた東急ハンズは、宣伝ツイートをしないわけではありませんが、そこには一定のルールがあるといいます。
本稿では、新刊『共感で広がる公式ツイッターの世界』より、一部を抜粋してご紹介します。

会話と宣伝の黄金バランスは8:2

ツイートで取り上げる話題はさまざまです。取り上げようと思えば、どんな話題でも取り上げられますが、私はバランスを気にしながらツイートするようにしています。

具体的には次のような構成です。

会話=80%
会社や商品に関する宣伝=20%

ここでいう会話とは、ハンズの商品や社名に触れていないツイート。つまりは単なるおしゃべりです。最初から意図してこのバランスでつぶやいていたわけではありませんが、気がつけばそうなっていました。

そして、いまではこの割合が私にとって最適の黄金バランスだと思っています。会話で取り上げるのは、いまツイッター上で盛り上がっている話題です。どんなトピックがトレンドなのかはハッシュタグに注目しておくといいでしょう。

8割のおしゃべりは、友達感覚でフォロワーさんとコミュニケーションするために重要な役割を果たしています。ではあとの2割、会社や商品に関するツイートとはどのようなものを選んでいるのか。

宣伝一辺倒の投稿は、ツイッターでは逆効果なので、お客さまの視点に立って「取り上げる価値」があると「私が」判断した情報をツイートするようにしています。

このとき「この商品のすごさはまだ知られていないのではないか」「これを紹介したら面白がってもらえるのでは」というように、ハンズのお客さまへの対応と同じ立場でツイートをするのが基本方針。

そのうえで、ロングテール商品が多いハンズのラインアップの中から、これぞという商品をピックアップして紹介します。

次ページ「逃げ恥」に乗っかった「売り端」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT