アルフィー、「男の友情」40年変わらぬ秘訣

「俺が俺が」でなく、「お前がお前が」と譲り合う

教訓:「お前がお前が」と譲り合う

答えは「上原謙」です(写真:読売新聞/アフロ)

彼らはこれまでに大きなけんかをしたことがないという。いや、強いて言えば一度だけある。

その唯一の大きなけんかは、高見沢と桜井(賢)が、「加山雄三のお父さんは誰か?」を巡って言い争いになったこと。つかみ合いになったことがあるくらいだ。

ヒット街道を歩み出すと、しばらくは仲よくやっていけても、数年程度で活動休止をしてソロになったり、あっさり解散してしまうバンドは多い。その原因として上がるのが、メンバーの対立である。

おそらく、メンバー同士で「俺が、俺が」と自己主張がぶつかり合い、やがて気持ちや目標がバラバラになってしまい、ほとんど没交渉になってしまう、というパターンなのだろう。

しかし、アルフィーの場合は「お前が、お前が」と相手を立てて譲り合ってきた。メディアのインタビューでは、不仲説どころか、仲よくやる秘訣を聞かれていることが多い。そんなとき、彼らはこのように答えている。

自分たちは、ぬるま湯の関係だからこそ長年うまくいっている。ぬるま湯というのは、いい湯加減で心地いいが、熱くなりすぎたら冷まさなければならず、冷めてきたら温めなければならない。実は、ぬるま湯を保つのは難しい

これは強い信頼関係が前提にあるからこそ言える言葉であり、3人の強固な関係に対する自信の表れかもしれない。

次ページ役割分担を明確に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。