アルフィー、「男の友情」40年変わらぬ秘訣

「俺が俺が」でなく、「お前がお前が」と譲り合う

教訓:「お前がお前が」と譲り合う

答えは「上原謙」です(写真:読売新聞/アフロ)

彼らはこれまでに大きなけんかをしたことがないという。いや、強いて言えば一度だけある。

その唯一の大きなけんかは、高見沢と桜井(賢)が、「加山雄三のお父さんは誰か?」を巡って言い争いになったこと。つかみ合いになったことがあるくらいだ。

ヒット街道を歩み出すと、しばらくは仲よくやっていけても、数年程度で活動休止をしてソロになったり、あっさり解散してしまうバンドは多い。その原因として上がるのが、メンバーの対立である。

おそらく、メンバー同士で「俺が、俺が」と自己主張がぶつかり合い、やがて気持ちや目標がバラバラになってしまい、ほとんど没交渉になってしまう、というパターンなのだろう。

しかし、アルフィーの場合は「お前が、お前が」と相手を立てて譲り合ってきた。メディアのインタビューでは、不仲説どころか、仲よくやる秘訣を聞かれていることが多い。そんなとき、彼らはこのように答えている。

自分たちは、ぬるま湯の関係だからこそ長年うまくいっている。ぬるま湯というのは、いい湯加減で心地いいが、熱くなりすぎたら冷まさなければならず、冷めてきたら温めなければならない。実は、ぬるま湯を保つのは難しい

これは強い信頼関係が前提にあるからこそ言える言葉であり、3人の強固な関係に対する自信の表れかもしれない。

次ページ役割分担を明確に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT