ゴキブリを見て「不潔な生物」と逃げる人の勘違い

「刷り込み」が人間の判断力を曇らせる理由

彼らはこういう「思考トレーニング」の技術を身につけています。ところが、日本人はどうかというと、大学や大学院まで、「刷り込み教育」が延々と続いているように思います。

何が問題かって? そういう人が社会に出ると、組織や権力者や偉い人の言うことをそうののまま鵜呑みにし、どんなことがあってもそれを疑わない、「イエスマン」になってしまうからです。

医者の世界では、大学で医学部面接試験が導入されるようになって、優秀な人を採るというよりも、「教授の手足となって働けそうな人」を採る傾向があります。イエスマンが大好きで、上が言ったことを疑ったり、それに逆らったりするなんて、もってのほか。

じつのところ、日本でいま行われている医療の多くは、信用できるエビデンス(科学的根拠)に基づいたものというより、「偉い教授がそう言っているから」「大学病院の方針だから」に基づく医療がまん延しています。

古い医療常識が跋扈し、その「刷り込み」を疑う習慣がない。すると、どんなことが起こるのでしょうか。日本人の健康が危ぶまれるかもしれない、そんな例を紹介します。

行きすぎた「コレステロール」嫌い

長らく解かれていない刷り込みの1つに「コレステロール値は低いほうがいい」があります。日本では、検査データのコレステロール値を「目の敵」のように減らそうとします。しかし私はこれを疑っています。

『ストレスの9割は「脳の錯覚」』(青春出版社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

アメリカ人は心筋梗塞で死ぬ人が、日本人に比べて圧倒的に多いので、たしかにコレステロール値が高すぎる人は、減らす努力をしたほうがいいと思います。アメリカではがんで亡くなる人の1.7倍の人が、心筋梗塞で亡くなっているからです。

ところが、日本人は心筋梗塞で亡くなる人は、がんの10分の1程度。コレステロールを減らすように努めると、体の免疫機能が落ちて、むしろ、がんが発症しやすくなってしまうのです。実際、コレステロール値が低い人ほど、がんになりやすいというデータもあるのです。

日本では、がんでの死亡率がいちばん高いのですから、コレステロール値を減らすことばかりを目標のようにいうのは考えものでしょう。しかも、コレステロール値を減らすという対策は、男性ホルモンも同時に減らしてしまいます。これは中高年以降の男性の意欲低下につながり、要介護状態を誘発しかねません。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT