エーザイ・バイオジェンが次なる新薬を準備

「新新」アルツハイマー病治療薬、来年治験結果

Aエーザイと米バイオジェンが共同開発したアルツハイマー病の治療薬「アデュカヌマブ」が米食品医薬品局(FDA)に承認されたことを受け、原因とされる物質に直接作用する別の治療薬候補の承認にも期待が寄せられている。

開発されているのは「レカネマブ」で、開発の最終段階となる第3相臨床試験を行っており、二つある試験のうち一つの結果は2022年7-9月期に明らかになる見通し。レカネマブはアデュカヌマブと同じ仮説に基づいて開発されていることから、エーザイの広報担当はFDAの承認に非常に勇気づけられたとコメントした。

新薬の世界の売上高はピークで年約1兆6400億円に

ジェフリーズ証券アナリストのスティーブン・バーカー氏は、アデュカヌマブの承認はレカネマブの承認に向けた市場の期待を高める「光背効果」を与えると電話取材で述べた。同氏によるとアルツハイマー病患者は米国に約600万人、日本には約450万人おり、治療薬の潜在的な市場規模は大きいという。

アデュカヌマブの世界全体の売上高はピークで年150億ドル(約1兆6400億円)に達すると同氏は試算する。エーザイは昨年10月末に欧州医薬品庁(EMA)にアデュカヌマブの販売承認を申請したほか、日本国内でも昨年12月に申請している。バーカー氏によると、国内では年末に承認される公算が大きいという。

ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、キャロライン・スチュワート氏は、FDAの承認は「エーザイだけでなく、アルツハイマー治療薬を開発する他の企業にとっても新しい道を開くことになる」との見方を示した。

国内ではエーザイのほか、塩野義製薬もアルツハイマー病治療薬の開発を進めており、第2相試験で良好な結果が得られている。

アルツハイマー病の治療薬としてはドイツのメルツファーマシューティカルズが開発し第一三共が国内で販売している「メマリー」が02年にEMAで、翌年にFDAで承認されている。武田薬品工業は16年にアルツハイマー治療薬で米ジンファンデルと協業していたが、18年に第3相臨床試験の中止を決定。アルツハイマー病治療薬のFDA承認には20年近い空白期間が生じていた。

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:黄恂恂、Lisa Du

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT