東芝、韓国半導体大手へ巨額賠償請求

SKハイニックスへの請求額は1091.5億円

 7月21日、SKハイニックスは、東芝が提起した訴訟で、賠償金1091億5000万円の支払いを求められていると明らかにした。写真は東芝のロゴマーク。都内で2012年5月撮影(2014年 ロイター/Yuriko Nakao)

[ソウル 21日 ロイター] - 韓国の半導体大手SKハイニックス<000660.KS>は21日、同社に対し東芝<6502.T>が提起したNAND型フラッシュメモリー技術漏えいをめぐる訴訟で、賠償金として1091億5000万円の支払いを求められていると明らかにした。

東芝は同訴訟を3月に東京地裁で起こしていた。SKハイニックスは訴訟通知を受け取ったため、賠償請求額を規制当局に報告した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。