東芝、韓国半導体大手へ巨額賠償請求

SKハイニックスへの請求額は1091.5億円

 7月21日、SKハイニックスは、東芝が提起した訴訟で、賠償金1091億5000万円の支払いを求められていると明らかにした。写真は東芝のロゴマーク。都内で2012年5月撮影(2014年 ロイター/Yuriko Nakao)

[ソウル 21日 ロイター] - 韓国の半導体大手SKハイニックス<000660.KS>は21日、同社に対し東芝<6502.T>が提起したNAND型フラッシュメモリー技術漏えいをめぐる訴訟で、賠償金として1091億5000万円の支払いを求められていると明らかにした。

東芝は同訴訟を3月に東京地裁で起こしていた。SKハイニックスは訴訟通知を受け取ったため、賠償請求額を規制当局に報告した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。