ザッハトルテの取り寄せが抜群の話題になった訳

ウィーンのホテルザッハーが限定で送料無料に

ウィーンの名門、ホテルザッハーのオンラインショップから「ザッハートルテ」を取り寄せる日本人が急増している(筆者撮影)

1876年創業のオーストリア・ウィーンの五つ星ホテル、ホテルザッハーの、名物チョコレートケーキ「ザッハートルテ」(一般的な名称はザッハトルテ)を、ウィーンから取り寄せる日本人が急増している。理由は、ホテルのオンラインショッピングサイトが6月8日まで、60ユーロ(約7900円)以上の購入で送料無料にしているからだ。

ザッハトルテは、世界的に有名なウィーン銘菓で、チョコレート入りのスポンジ生地に、アプリコット(杏)ジャムをサンド、チョコレートの糖衣で覆ったケーキ。日本でも人気があり、今やロッテがザッハトルテをイメージしたチョコパイを販売するなど、コンビニスイーツとしてもお馴染みになっている。

ホテルザッハーのカフェで味わえる「ザッハートルテ」。ホイップクリームとの相性が抜群(写真:©︎Hotel Sacher Wien)

ザッハトルテのルーツはホテルザッハー

日本でもメジャーなザッハトルテ。実はその元祖が、ウィーンの五つ星ホテル、ホテルザッハーの「ザッハートルテ」だ。1832年に料理人だったフランツ・ザッハーが生み出し、その息子のエドワルド・ザッハーがホテルザッハーを開業して、ホテルの名物になった。

ふだん日本で買えない有名ケーキが、世界中に送料無料とあって、情報はすごい勢いで拡散し続けている。SNSには毎日のようにおいしそうな「ザッハートルテ」の画像が投稿され、中には10万近い「いいね」がついたツイートも。フェイスブックやインスタグラムにも「届きました」「美味しさに感動!」といった声が、続々とあがっている。

次ページオーストリア政府観光局のツイッターが発端
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT