米たばこレイノルズ、250億ドルの買収劇

2位企業が3位のロリラードを買収

 7月15日、米たばこ2位のレイノルズは、3位ロリラードを買収すると明らかにした。写真はニューヨークのたばこ店内に並ぶ「キャメル」。11日撮影(2014年 ロイター/Lucas Jackson)

[15日 ロイター] - 米たばこ2位のレイノルズ・アメリカンは、3位のロリラードを約250億ドルで買収すると明らかにした。

レイノルズがロリラード株1株につき68.88ドル相当を支払う。14日のロリラード株終値に2.5%上乗せした水準だ。

ロリラード株は15日午前の取引で7%強下落した。レイノルズは3%超安。

債務を含めた買収額は274億ドル。

レイノルズは、英インペリアル・タバコ・グループに、「クール」「セーラム」ブランドなどを71億ドルで売却し、ロリラードとの合併に絡んだ独占禁止問題に対処する。

レイノルズの筆頭株主、英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)は、47億ドルを出資して、42%の株保有比率を維持する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT