トヨタが2030年の電動車世界販売800万台と予想

欧州と中国では電動車比率100%、北米は70%に

トヨタ自動車は12日、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)など電動車の世界販売が約800万台になるとの見通しを明らかにした。

トヨタが上海モーターショーで公開した新型EV「TOYOTA bZ4X」のコンセプト車両(4月19日)Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

トヨタの発表資料によると、800万台のうち、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しないゼロエミッション車であるEVと燃料電池車(FCV)が200万台を占めるとみている。

地域別では欧州と中国で電動車の比率が100%に達し、日本でも95%の高い水準となる一方、北米では70%とガソリン車などが一定程度残るとみている。また、EVなどのゼロエミッション車は欧州や中国で40-50%まで増える一方、日本での普及率はそれほど高まらないとみている。

著者:稲島剛史、堀江政嗣

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT