美人官僚が結婚相手に課す「2要件」

堂々の最終回は桐谷美玲似、東大出身美女と語る

大学の合格発表をひとりで見に行ける程度に腹が据わっているのは、学歴や肩書にこだわりすぎない女性のほうが多い気がする。だとしたら、政治家やキャリア官僚に代表される社会のリーダーに女性が増えることを期待したくなる。

高学歴の女性たちが社会的に活躍するには、仕事だけでなく私生活も楽しめることが必要だ。恋愛や結婚はそのひとつである。目立つ美人であり社交性もある西村さんに4年間も恋人がいなかったのは、仕事が忙しすぎることに加えて、「恋愛に成長を重ねたい」という個人的な理由もあった。

「学生時代から3人の男性とお付き合いしましたが、結婚はまったく考えませんでした。恋愛に、自分が知らないことを教えてくれる人を求めていたのだと思います。自分がステップアップできる人じゃないと好きになれないなんて、本当の恋愛じゃありませんよね。恋人ができないのは当然です。最近、ようやく反省したら恋人ができました」

恋愛面で相手に求める2つの要件

成長させてくれることは要件から外した西村さんだが、譲れないことが2つある。ひとつは、女性にも働いてほしいと思っている男性であることだ。

「平日は私も仕事をしたいし、家事もやるけれど専業主婦のように完璧にはできません。週末はサッカーを見てリフレッシュしたいです」

実はサッカー観戦が2つめの条件。西村さんは毎週でもサッカー場に行きたいほどのサッカーフリークであり、「趣味が合う」男性でなければ、限られた余暇を一緒に過ごせないらしい。つつましいのか勇ましいのかよくわからない条件である。

幸いなことに、昨年末に東大つながりの歳下のイケメンと出会い、2つの条件も完全に満たし、無事に恋人同士になった。

「彼はベンチャー企業で働いています。東大生にしては勇気ある選択です。仕事もちゃんと頑張っている人はやっぱりカッコいいですね」

自分を成長させてほしいという気持ちにこだわっていたら、年下の男性にはいつまでも目が向かなかっただろう。西村さんと話していると、動き回りながらも自他の状況を冷静に見て行動の方向性を微調整していることがわかる。走りながら考えてまた走る。プロサッカー選手のように強靭な女性と出会えた気がする。

賢くて強く、高潔で美しい――。それがエリート美女なのだ。連載は今回で終わりになるが、これからも彼女たちの近くで生きていきたい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT