クルマ「大幅減時代」メーカーはどう対応するか

「自動車の数の適正化」を目の前に課題は多い

将来の生産・販売台数の考え方について、「極論としては『クルマの数の適正化』がカーボンニュートラルにもっとも大きな効果があると思うが、台数抑制では経営が成り立たない。ホンダはホンダモビリティソリューションズを立ち上げたように、CASEのうちの新しいサービス領域が重要となるはずだ。生産・台数抑制と新しいサービス事業拡充のバランスについてどう考えているか」

これに対して三部氏は、以下のように返答した。

社長就任会見でスピーチをする三部敏宏社長(写真:本田技研工業)

「難しい質問だ。パーソナルカーとしては、われわれの現在の事業は研究開発・生産・販売だ。今後は(GM関連のベンチャー企業と協業で実証を行う)自動運転レベル4のロボットタクシー、またはクルマの使われ方の公共化などが、スマートシティ構想の中で進むと考えている。(そうなると)今のパーソナルカーを主体とした台数がどのように変化するか、シミュレーションはしているが適正台数を見出す段階には至っていない。ただ、ビジネスが“パーソナルカーの売り切り型”から必ず変化すると認識している。今後、新しい事業を通じて(適正な)台数を考える。未来のビジネスが見えないので、(現状では)目標台数の設定が困難な状況にある」

アライアンスの拡大で業界は変わるか?

三部社長が言うように、将来が見通せず、株式市場での評価が販売台数と売上高に依存している現状では、「社会におけるクルマの数の適正化」を提示することは極めて難しい。

筆者は三部社長に日系メーカーとのアライアンスの可能性についても聞いたところ、「両社がウィンウィンの関係、または電動2輪車で4社アライアンスを組んだように、4輪でも新しい市場が創出できるなら、日系メーカーとのアライアンスについて否定はしない」と答えている。

結局、自動車メーカーは「数を追う」経営体質を当面は維持しながら、コスト削減で各種アライアンスを強化していくことになる。その過程で、メーカー間の協調領域が拡大することで、各メーカーのクルマの商品としての個性が低下することは避けられず、メーカーの合従連衡と消費者動向を早期に察知して対応する「多ブランド戦略」が進むのかもしれない。自動車産業は、暗中模索が続く。

この記事の画像を見る(4枚)
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT