エアドロップで卑猥画像「痴漢」の驚くべき実態 「実は喜んでいる」加害者側の最悪に歪んだ認知

印刷
A
A
痴漢被害は電車内だけで起こっているものではない(写真:Graphs/PIXTA)

「4月を狙う」「4月は祭り」

こんな言葉がインターネットの掲示板で交わされている。発言者は痴漢加害者たち。この時期、彼らは電車に乗り慣れない新入生や新入社員を狙うのだという。

電車内だけではない! 卑劣な痴漢行為

卑劣な痴漢被害に悩む人は、後を絶たない。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

日本共産党東京都委員会ジェンダー平等委員会は2020年8月から約3カ月間、インターネットで「痴漢被害についてのアンケート」を実施。1435人(うち83%が女性)による悲痛な訴えが寄せられた。同党都議会議員の米倉春奈さんは語る。

「痴漢被害は実に深刻で、多岐にわたっています。これまで痴漢は軽視されてきましたが、れっきとした性暴力であり、犯罪です。回答にはレイプ寸前のものや生命の危険を感じさせる被害報告もありました」

とくに未成年の被害は深刻だ。

「『18歳以下』で被害経験があると回答した人が71・5%もいました。中高校生の通学時だけでなく、性的知識が不十分な幼児や小学生も狙われています」(前出の米倉さん、以下同) 

痴漢行為が起こる場所は満員電車だけではない。

「路上や図書館、書店、トイレ、整体院や歯科医院など電車以外の場所で被害に遭ったという報告が多数、寄せられています。たとえ車での移動が多く満員電車がない地域でも、ひとごとではありません」

被害の声は、芸能界からも上がっている。過去に指原莉乃が「電車内で太ももを触られた」とバラエティー番組で告白。藤田ニコルは、渋谷のハロウィン騒ぎの中で痴漢に遭ったなど、大勢の女性タレントが性被害への憤りを明かしている。

ここからは、本誌取材班に寄せられた痴漢被害の実例をいくつか挙げていく。

次ページライブ中にも魔の手、ファンを狙う卑劣さ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT