IOCが野球など5種目で「eスポーツ」大会開催

ゲーム愛好家の参加促し新たな観客の開拓狙う

国際オリンピック委員会(IOC)は東京オリンピック・パラリンピック開催前の公式イベントの一つとして、コンピューターゲームを使った「eスポーツ」の競技大会を5月13日から6月23日の日程で行う。種目は野球、自転車、ボート、セーリング、モータースポーツの5つ。

野球、モータースポーツは日本製ゲームを採用

22日の発表資料によると、5つの国際競技連盟とゲーム開発会社が連携し「オリンピック・バーチャル・シリーズ(OVS)」を開催する。5種目の中で野球はコナミの「パワフルプロ野球2020」、モータースポーツではソニーグループ子会社のポリフォニーデジタルが開発した「グランツーリスモ」など日本製のゲームを使用する。

IOCは世界中のバーチャルスポーツやeスポーツ、ゲーム愛好家の参加を促し、オリンピックの新たな観客を開拓したい考え。今回の開催はIOCが2月にまとめた新たな戦略的ロードマップ「オリンピック・アジェンダ2020+5」に沿ったもので、デジタルを通じた交流の拡大やバーチャルスポーツ発展の奨励、ビデオゲームコミュニティーとの相互作用の継続などを提言している。

IOCのトーマス・バッハ会長はリリースで、OVSは「バーチャルスポーツ分野で新たな視聴者との直接的な関わりを深めることを目的とした新しく、ユニークなオリンピックのデジタル体験だ」とコメントした。

5種目は各競技のゲーム開発会社が準備するプラットフォーム上で運営され、世界中の選手は自宅やトレーニング施設からオンラインで参加できる。参加方法や一部イベントで提供される商品などの詳細は近日中に発表する予定だ。

グランツーリスモの競技者(台北)Photographer: Billy H.C. Kwok/Bloomberg

著者:院去信太郎

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT