リモート強制された大学生たちの偽らざる本音

オンラインが当然の環境で育った世代の新常識

ちなみに昨年の2020年新卒をリモートネイティブと呼ぶこともあります。彼らは入社式や新人研修をすべてオンラインで経験し、いきなりリモートワークの生活に飛び込んでいくことになりました。2020年新卒は、配属された部署の上司や先輩と対面で仕事することがほとんどなく、同期とのつながりも少ないことで、職場になじめない、あるいは孤独感にさいなまれるといった悩みを抱える人も少なくありません。

リモートで社会人生活を始めたという観点で見れば、リモートネイティブともいえますが、リアルコミュニケーションで育った世代がリモートの世界に“強制移住”させられたという理解のほうが正しく、厳密には「リモートイミグラント」と呼ぶべき世代です。

もちろん彼らもリモートワークを経験することでリモート脳は形成されていっていますが、やはりネイティブとは違います。生まれた時から英語を聞きながら育った人と、大人になって英会話スクールで学んだ人との英語力の差が一目瞭然であるように。

出社する意味ありますか?

「無機質で、とても想像していたとおりの、満たされた大学生活とは言えませんが、リモート授業を1年間経験し、講義を聞く、友達と話し合う、課題を提出する、などの大学生活において最低限求められることは、すべてリモートでも滞りなく行うことができるということにも気がつきました。対面であらゆることを行うことの必要性が揺らぐ大きなきっかけになったことは、間違いないと思っています」

インタビューした大学3年生の香川祥子さん(仮名・21歳)のコメントです。この言葉が、まさにいまの大学生の心情や価値観を最も代弁しているのだと思います。

もちろんすべてをオンラインでと考えているわけではありません。キャンパスでも、ゼミなど対話重視の授業、あるいは交流イベントやサークル活動はリアルのほうがいいということを感じています。しかし対面で会うことへのジャッジは確実にシビアになっているでしょう。トップが長々とした訓示を述べるだけの社員総会、ただただ聴いているだけの集合研修なんかには、明らかに拒絶反応を示すと思われます。

新入社員研修において、名刺交換の仕方を教える前に、出社する意味について懇々と説得するというプログラムが必要になる。そんな日がもうすぐやってくるかもしれません。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT