亀戸線、東武が目指した「都心乗り入れ」夢の跡

本線級設備に2両編成、ローカル色濃いミニ路線

亀戸線が開業したのはまだ明治、1904年のことである。東武鉄道の路線の中でもとりわけ古い。そうした歴史ある路線だけあって、古き時代の遺跡のようなものも散見されるという。

北十間川橋梁に残る止水板。今では使われることはない(筆者撮影)

その1つが、東あずま―亀戸水神間で北十間川を渡るところに設けられた止水板だ。

なんでも、橋桁が低く、川の水かさが増したときに水が町中にあふれ出ないように、止水板を設けていたという。今では北十間川も治水工事が行われ、コンクリートでがっちり守られて水面から橋までもだいぶ高くなっている。が、そんなところにも歴史の名残があるのだ。

「ほかにもありますよ。亀戸水神駅のすぐ亀戸寄りなんですが、旧亀戸水神駅のホームを支えていたコンクリートの跡が線路の横に今も残っています。亀戸水神駅にはホームに臨時改札の跡があったりと、いろいろ見どころがある駅といえるかもしれませんね」(落合駅長)

大師線と同じ車両を使う

とはいえ、亀戸水神と亀戸天神はまったくの別物だし、沿線にこれといった観光地があるような路線ではない。つまりほとんど100%、地元の人たちの通勤通学や日常の買い物、地域輸送のための路線というわけだ。

亀戸水神駅のホームには「亀戸天神と亀戸水神はちがいます」と書かれた案内板(筆者撮影)

「朝は3編成使って7分間隔、日中は2編成で10分間隔で運転しています。車両は大師線と共通の8000系で、朝の3編成運用で使った車両をお昼まで亀戸駅に留置して、昼過ぎに回送で西新井駅まで輸送、その後は大師線で運用するパターンが組まれています。入れ替わりに大師線の車両は北春日部の車両基地に向かい、翌日の朝には別の車両が3編成運用に備えて春日部から亀戸線に入ってくる。2両編成の8000系がスカイツリーラインを走る、珍しいシーンが見られますよ」(落合駅長)

この日中の亀戸線から大師線への回送列車を利用して、地元と組んで団体臨時列車を運行したこともあるという。リバイバルカラーの特別塗装車両もあり、色とりどりの車両が走る個性的な都心の中のローカル線というわけである。

次ページ浅草へ念願の都心乗り入れ
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT