「働きがいのある企業ランキング」トップ50社

評価される企業とそうでない企業の違いは何か

最新のランキングは、2019年7月1日~2020年12月31日に「OpenWork」に投稿されたレポート回答8万9641件を対象データとして集計している。

前置きが長くなったが、最新の「働きがいのある企業のランキング」を見ていきたい。クチコミがOpenWorkに1件でも投稿されている企業は4万社以上あるので、4万社のなかでトップ50は上位0.1%以内に入る働きがいのある企業といえるだろう。

トップはプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)で、2位セールスフォース・ドットコム、3位プルデンシャル生命保険と続く。

次ページ上位企業のスコア
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT