日立が米で1兆円もの巨額買収を実行する狙い

IoT事業に資源集中、優良子会社でも売却に動く

日立製作所は米システム開発会社のグローバルロジックを総額96億ドル(約1兆500億円)で買収すると日本経済新聞が電子版で31日に報じた。電機業界では過去最大級になると伝えている。報道を受けて日立の株価は反落。一時前日比7%安の5018円と、昨年3月30日(8.7%)以降で最大の日中下落率となった。

コア事業に経営資源集中、優良子会社でも売却

日経の報道によると、7月をめどに既存の株主から全株式を取得し米国で情報技術(IT)事業を統括する日立グローバルデジタルホールディングスの傘下に置くという。

グローバルロジックの株式は、カナダ年金制度投資委員会(CPPIB)とスイス拠点の投資ファンド、パートナーズ・グループがそれぞれ45%ずつ、残りを同社の経営陣らが保有していると同紙は伝えている。

日立はインフラやIoTプラットフォーム「ルマーダ」との親和性が高いIT分野に経営資源を集中させるグループの再編を進めており、2020年にはスイス重電大手のABBから約7400億円で送配電事業を買収した。

次ページ巨額買収にもサプライズはない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT