GM、韓国で小型車「スパーク」をリコールへ

[ソウル 4日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は、韓国で小型車「スパーク」2万7051台をリコール(回収・無償修理)する。トランスミッション(変速機)の固定部の不具合が理由。

韓国の国土交通省の4日付声明によると、昨年6月8日─12月12日に韓国で生産された車両が対象。GMが不具合を申し出たという。

GM韓国部門の広報担当者によると、不具合が原因の事故や怪我は報告されていない。

韓国産スパークは米国や欧州にも販売されている。この広報担当者によると、米国に輸出された車両はリコールの対象外。欧州やその他の市場で何らかの措置を講じるかは検討中という。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。