GM、韓国で小型車「スパーク」をリコールへ

[ソウル 4日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は、韓国で小型車「スパーク」2万7051台をリコール(回収・無償修理)する。トランスミッション(変速機)の固定部の不具合が理由。

韓国の国土交通省の4日付声明によると、昨年6月8日─12月12日に韓国で生産された車両が対象。GMが不具合を申し出たという。

GM韓国部門の広報担当者によると、不具合が原因の事故や怪我は報告されていない。

韓国産スパークは米国や欧州にも販売されている。この広報担当者によると、米国に輸出された車両はリコールの対象外。欧州やその他の市場で何らかの措置を講じるかは検討中という。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。