中国検索最大手・百度が香港に重複上場する訳

利益率落としてでも記録的研究開発投資を維持

中国のインターネット検索最大手、百度(バイドゥ)が23日、香港の重複上場を果たし、取引初日で株価は一時1.8%高となった。同社は香港上場で31億ドル(約3370億円)を集めた。

中国自動車産業に足掛かりを築く

すでに米国で株式公開している中国企業の香港上場が続いているが、JDドットコム(京東)の初日終値3.5%高、ネットイース(網易)の同5.7%高と比べると落ち着いた香港デビューとなっている。 

百度の李彦宏CEO写真:Cui Nan / China News Service / VCG / Getty Images

百度の李彦宏(ロビン・リー )最高経営責任者(CEO)はブルームバームテレビジョンとのインタビューで、吉利汽車など自動車メーカーとの協力を続け、中国自動車市場での足掛かりを確保していくと語った。

AIへの先行投資は必ず報われる

創業者でもある李氏(52)によれば、百度は利益率を落としてでも記録的ペースで研究開発投資を維持し、人工知能(AI)開発における人材とテクノロジーの獲得を目指している。

李氏は売上高の大半がいずれは検索・広告以外の事業からもたらされるようなると説明。「AIに10年余り投資し続けているが、恐らくそうすることで多額の資金を失っている」としながらも、「最終的には報われることになる」と強調した。

百度の李CEOが香港重複上場について語る(出典:ブルームバーグ)
百度の自動運転システム搭載車写真:Qilai Shen / Bloomberg

原題:Baidu CEO Engineers $66 Billion Comeback After Missteps (1)(抜粋)

著者:Bloomberg News

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT