起業は「スモールメリット」の働く事業がいい訳

保険の営業や人材紹介エージェントなどが好例

「スモールメリット」の働く事業がいい訳とは?(写真:xiangtao/PIXTA)
東大を中退後起業し、年商10億円以上に成長させ、twitterでのフォロワー数は3万を超す事業家bot氏。
その事業家bot氏の新著『金儲けのレシピ』では、ビジネスモデルや経済学、人間の本質などの考察によって導き出された「商売で必要な15の原理原則」が紹介されています。本稿では同書より一部を抜粋しお届けします。

集めて売るか、分けて売るか

この世界に存在する財は、「集めると高くなるもの」と「分けると高くなるもの」が存在している。

例えば、集めると高くなるものの典型は「土地」である。日本を代表するデベロッパーである森ビルのビジネスモデルは、10年以上の時間をかけて、細かい民家が密集したエリアの土地を買い集めていき、再開発を行い、巨大ビルを建てるというものである。

なぜ土地を集めると高くなるか、それは、狭い土地であれば2階建ての民家しか建てられないところ、まとまったエリアがあれば50階建てのビルを建てられる、即ち48階分は生み出されるキャッシュフローが増大することになるからである(土地の行政区分等については捨象し単純化しているが、ご容赦いただきたい)。

一方、分けると高くなるもの、の代表例は、例えば肉や魚である。

肉や魚は、塊やサクの状態よりも、切り身になっているほうが値段が高い。実際のところカットする工数というのは大したことがないのだが、一手間かかっているという認知が働き、高い支払いを消費者が許容するわけである。

これに限らず、世の中の大半の財は、「まとめると高くなる」「切り分けると高くなる」に分割できるので、目の前の財に対してもその分類ができないか、思考実験してみることが肝要なのである。

注1)森ビル
横浜市立大学の経営史学者であった森泰吉郎およびその息子である森稔を中心として「港区の大家」とも言われ、六本木ヒルズなどを保有する数少ない非財閥系大手不動産会社である。森稔の弟の森章が率いた森ビル開発は後に森トラストとして独立した。
注2)10年以上の〜
森ビルのビジネスモデルは、低層密集地域を高層ビルに変えることで、圧倒的なレバレッジがかかるが、その分再開発を取りまとめるのに時間がかかる。森ビルが非上場である理由の1つに、再開発事業はタイムスパンの長い事業であるため、短期での資本収益性が求められる上場はそぐわないと経営陣が考えているであろうことも、大きな要因であると思われる。
次ページスケールメリットとスモールメリット
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT