「数学でつまずく人」が知らない日本語の使い方 数学の学びで極めて重要な「すべて」と「ある」

拡大
縮小

筆者は2007年に、東京理科大学理学部から桜美林大学リベラルアーツ学群に移ってきた。新入生は専攻を決めていない場合もよくあるが、リベラルアーツ学群の新入生で「すべて」と「ある」を含む論理的な文章が得意な者が、入学後に専攻を「数学」に決める場合がある。そのような学生は元来、語学が得意であり、英語や国語を専攻とするのが自然だろう。

ところが筆者の数学ゼミナールには、英語や国語を専攻するはずの学生が過去、何人も入ってきたように、入学後に専攻を「数学」に決める学生にときどき出会う。

実は、そのような女子学生の1人には、筆者は数学的な原稿を何度もチェックしてもらったように、特筆すべき能力があった。現在では横浜市の高校の数学教諭として活躍しているが、ほかにも似たようなケースがいくつかある。

就活の非言語の適性検査の力にも関係

かつて桜美林大学就職委員長の時代に、「就活の算数」というボランティア授業を後期の木曜夜に行っていて、その内容を本として作成することになったとき、1人の男子学生に手伝ってもらうことにした。

その学生は、「自分は計算が遅く、とてもお手伝いができません」と言ったが、筆者は「キミは論理的な文章が得意だから大丈夫。それにこの仕事を手伝うと、きっと算数・数学的な非言語の就活適性検査の力はアップするよ」と伝えて、最後までお世話になって本が完成した。

後日、その学生が訪ねてきて、「先生、自分はIT関係の会社に就職が内定しました。採用責任者との面接時に、『キミは全国から受験した約200人中、非言語関係の試験の成績はトップでした』と言われたのです」と伝えてもらい、うれしい思い出として残っている。

上で述べてきたことからも、「すべて」と「ある」の用法がいかに数学の学びにとって重要であるかを、ご理解していただけるだろう。もっとも、このような訴えを続けている背景には、背中を押してもらった一件があったことを最後に述べたい。

それは、東京理科大学から桜美林大学に移る2007年の2月に行われた東京理科大学工学部の数学入試問題に、「すべて」と「ある」が入った文の否定文を書かせる問題が出題されたのである。その入試が終わった直後からしばらくの間、その問題と解答を巡って、東京理科大学に勤務する何人もの数学教員が熱く語った姿を見て、「それらの用法については、自らも語り続けよう」と思った次第である。

芳沢 光雄 数学・数学教育者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

よしざわ みつお / Mitsuo Yoshizawa

1953年東京都生まれ。東京理科大学理学部教授(理学研究科教授)、桜美林大学リベラルアーツ学群教授などを歴任し現在、桜美林大学名誉教授。理学博士。国家公務員採用I種試験専門委員(判断・数的推理分野)、日本数学会評議員、日本数学教育学会理事も歴任。著書に『AI時代に生きる数学力の鍛え方』(東洋経済新報社)、『新体系・大学数学入門(高校数学、中学数学)の教科書(上・下)』(ブルーバックス<講談社>)などがある。数学プロセス (https://sugaku-process.net/)というホームページも運営

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT