インフレターゲットで日本経済は救えない

インフレターゲットで日本経済は救えない

以前より厳しさを増して、日本にデフレが戻ってきた。2009年第4四半期のGDPデフレーターは1年前と比べて2・8%低下した。しかし、菅直人財務大臣は、前任者たちと同様に、日本銀行にデフレ解決の責任を負わせている。同大臣は、デフレは日本の長期にわたる景気低迷の根源であり、中央銀行が“インフレターゲット政策”という魔法の杖を持っているかのように語っている。

だが、インフレターゲット政策は日本では機能しないだろう。デフレの主因は金融刺激策が不十分であることではなく、需要が低迷し、“GDPギャップ”が広がっていることにある。現在、需給ギャップはGDPの約7%に達している。需要が弱いと物価は軟調になる。過去25年間、若干のラグがあったが、GDPギャップと物価動向の間に非常に高い相関性が見られた。

10年前、マネタリストたちは量的緩和をすればデフレを克服できると力説していた。日銀は量的緩和を試みたが、政策は失敗に終わった。通常、名目GDPと通貨供給量は並行した動きを示す。だがデフレは、その結び付きを断ち切ってしまった。1995年以降、日銀はマネタリーベースを115%増やしたが、名目GDPは8%低下した。

量的緩和政策が失敗したとき、その政策の支持者たちは、「量的緩和政策とインフレターゲット政策を同時に実施していれば、政策はうまく機能したはずだ」と主張した。さらに、「日銀はインフレ目標を、たとえば2%に設定し、目標達成まで通貨供給を増やし、金融資産を購入すべきである」と訴えた。

一般的に、インフレターゲット理論は次のように説明される。日本の消費者は物価下落を予想し、消費を先送りしている。そのためデフレが深刻化している。日銀がインフレ高進の予想を抱かせるようにすれば、消費者は消費を増やし、インフレ高進という予言を自ら実現することになる。しかし、これらの仮説は間違っている。それぞれの主張に一つずつ反論してみよう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT