みずほ「大規模ATM障害」に残された2つの疑問

再発防止策の策定時に改めて説明が求められる

この不安を払拭するために約20年をかけて開発、導入されたのが現在の勘定系システムだった。だが、今回の大規模障害で新システムの信頼にも傷がついた。3月1日の記者会見で、みずほの藤原弘治頭取は、「過去の教訓を活かしてシステムを構築したが、運用上の問題がまだ残っている」と釈明した。

大規模障害は収束したものの、大きく2つの疑問が残されている。1つ目はなぜここまで被害が拡大したかだ。一般的に、「問題の起きた部分はほかのシステムから切り離し、被害の拡大を防ぐ」(システム関係者)からだ。

今回のみずほの場合、最初に問題が発生した定期預金の更新処理をネットバンキングやATMから切り離すことが先決だ。これで定期預金の取引はできなくなるが、エラーが蓄積して勘定系システム側に影響が及ぶことはなく、ATMの大量停止という事態を防ぎうる。

早急に求められる再発防止策

みずほはこの点について「勘定系システムには(問題部分を)切り離す機能がついている」としているが、結果的に被害が拡大してしまった理由については「調査中」としたままだ。

4月1日付でみずほ銀行の頭取は交代するが、藤原頭取は会見で「3月までに起きた事象は頭取である私が責任をもって進める」と述べた(撮影:今井康一)

もう1つの疑問は「平日であれば障害はより広範にわたったのではないか」(システム関係者)というものだ。今回の障害は休日に起こったために、取引エラーもATMとネットバンキングに限られていた。「定期預金とネットバンキング以外ではエラーは出ていない」(みずほの広報担当者)としているが、銀行関係者からは「店頭の取引がある平日に同じことが起きていたら、ほかの業務システムに影響が及んだのではないか」という声は少なくない。

こうした不安を払拭するためには、より詳細な原因究明と再発防止策の公表が欠かせない。みずほは金融庁から報告徴求命令を受けており、その期限は3月末と言われている。

今回、大規模障害後に行われた会見では、「詳細な説明がなされず、完全には理解できなかった」(メガバンク幹部)とも言われた。みずほの頭取は4月1日付で交代するが、藤原頭取は会見で「この問題がきちんと総括された中で、引き継ぎを行いたい」と述べている。残された疑問を解消するためにも、藤原頭取体制の下で、再発防止策を含めた改めて丁寧な説明が必要だろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT