日本に次々と橋頭堡 中国と“包囲網”構想も インドIT企業が東へ進むワケ


サブプライム余波が直撃 脱・米国依存の道模索

しかし、サブプライム問題に端を発し、米景気の失速感が濃厚になる中、インドにとっては米国依存からの脱却と新市場の開拓が喫緊の成長課題だ。実はインドのIT業にとっては、米国の異変の“あおり”を受けた経験は過去にもある。

前回の米大統領選挙を控えた2003~04年。雇用問題が焦点となり、「インドへのアウトソーシングが米国労働者の仕事を奪っている」という世論が高まって、インドのIT産業は一時的ながら減速した。

“米国がくしゃみをすれば風邪を引く”インドIT産業。現在すでに、一部の顧客がインド企業に対して開発・サービス料の値下げを求めているといい、TCSなど主要企業の業績にも成長鈍化が見られる。07年10月には対ドルで9年半ぶりに最高値を更新するなど、厳しいルピー高も企業業績にとってはマイナスだ。

こうした中、巨大ながら攻めあぐねていた日本市場に向けて改めて戦略を練り直すのは自然ともいえる。

インフォシスは2月、日本国内大手の日本ユニシスと業務提携した。日印IT大手の提携は初めて。インフォシスは、ユニシスが受注した国内案件に自社のエンジニアや開発技術を提供する。これまで日本向け売上高が全社の2%程度にとどまっていた同社は、間接的ながらも日本企業に食い込む機会を得た。

一方、業界4位のサティヤム・コンピュータ・サービスは今春、日本進出のインドIT業としては初めて九州に開発拠点を開設する。現地のITエンジニアは、首都圏に比べればやや低賃金。エンジニアにインドの開発技術を教え、東京の開発需要を獲得しようという策で、いわば仮想の“インドオフショアリング”だ。

さらに機運が高まるのが、中国のIT産業とパートナーシップを組み、日米のIT需要を“丸呑(の)み”しようという「シノ‐インディアモデル」だ。インドソフトウエア・サービス協会(NASSCOM)が昨夏まとめた調査報告は、中印両国は先進国のオフショアリング相手国である点は共通しているが、強みとする市場国や開発分野は完全にすみ分けができているとしたうえで、「インドは中国IT産業を(日本市場における)ライバルと見なすより、協業の道を模索するのが賢明だ。中期的には中国国内需要も期待できる」と指摘している。

“中印モデル模索”は、すでに始まっている。「出資している中国のソフト開発企業を買い取りたいと、インドの大手IT企業から打診された。日本市場への足場にしたいようだ」(日本のIT大手幹部)。

インド同業が日本開拓を進めれば、国内同業は市場を侵食される公算が大きいが、業界の危機感はまだ希薄。だが、TCSのラマドライCEOは冒頭の会見でこうも語っている。「機会があるのならば、日本のIT企業のM&Aも考えている」。

日本のIT業界は足元、ITバブル以来という開発好況に沸いている。需要の柱は、メガバンクの統合や郵政民営化に伴う国内需要。だが08年後半には不況の再来が予想される。その節目に、インドの日本攻略は大きく進むのかもしれない。
(週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT