いち早く徹底解説、京急「こだわりの新造車両」

回転シートに2つのトイレ"同社初"を4両に満載

京浜急行電鉄が5月にデビューさせる新1000形の新造車両(写真:京急電鉄)
この記事の画像を見る(9枚)

東京都心の品川と三浦半島、羽田空港などを結ぶ京浜急行電鉄に5月に登場する新造車両が話題だ。

同社は1月20日、新1000形の新造車両4両編成を2本導入すると発表した。窓を背にしたロングシート、進行方向を向いたクロスシートの両方に切り替えられる「自動回転式シート(L/C腰掛)」に、1編成あたり2カ所のトイレと、同社で初となる車内設備が目を引く。車両に関して“一家言”あるイメージの京急だが、今回はこれまで以上にこだわりが強そうだ。

まず新造車両の呼び名は?

新1000形は同社で最大勢力を誇る主力車両だ。ステンレス車は2007年に登場、4両編成14本、6両編成24本、8両編成18本の計344両が在籍している(2020年3月末時点)。

同形式のなかに、本来は銀色の車体のままでよいステンレス車にもかかわらず、赤と白の「京急らしさ」を出すために、窓周りを白くラッピングした「1800番台(15次車)」や全面塗装で仕上げた「1200番台(17次車)」がある。

新1000形の1200番台(17次車)はステンレス車だが全面塗装で仕上げた(写真:京急電鉄)

2020年度製造の今回の新造車両は「20次車」にあたり、“新型”車両ではない。車両番号に関しては「1891-1」「1892-1」と、ハイフンを用いて表記する。新1000形の一種ではあるが、通勤・通学や休日のお出かけを大きく変えることになりそうなこの車両、京急ユーザーはなんと呼んで区別すればいいのか。

同社の広報担当者は「届け出上は『1000形』。俗称で『1890番台』と呼んでもらうのは問題ない」と説明する。社内では「20次車」または「L/C車」と呼ぶことが多いようだ。

次ページ車内設備と外観の特徴
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT