歴史を見ればここからが本当のバブルになる

りそなAMのエコノミスト・黒瀬浩一氏に聞く

――楽観が広がっていくのはどの辺りからでしょうか。

ワクチンの普及が4~5月なので、その後、よい経済指標が出てくるころだろう。アメリカ人は反ロックダウンデモを今でもやっているぐらいで、多くの人はもう自粛なんかしていられないという感じだと思う。バカンスの予約がもう伸びていて、メディアもバカンス特集をやっている。日本人のように慎重ではなく、今から遊ぶ話をしている。アフターコロナってこんなに明るいんだ、みたいな話になってくる。

その先の株価の上がり方は企業業績次第だろう。アメリカと日本のコンセンサスは企業業績が40~50%増益で株価は10~15%程度上昇するイメージだ。増益率と株価上昇率の差でPERが修正されて、割高感が解消する。今年中に4万円というのはいくら何でも早すぎると思うが。

金融引き締めまではそうとう時間がかかる

――その先はどのくらい株高が続くんでしょうか。FRBが引き締めに転じるのはいつかということです。その意味で市場はインフレを恐れていますね。

今回、財務長官に就任したのが前FRB議長のイエレン氏だ。アメリカの労働参加率は66%だったのがリーマンショックで63%に下がった。これは100人中3人は職探し自体をやめてしまったということ。そこで、イエレン氏は金融緩和を続けてきた。

今回のコロナではこれが60%まで下がって、今、61.4%まで戻ってきた。パウエル議長が今回雇用を最大化すると言っているのは、この数字を66%まで回復させるということ。これは1000万人の雇用を作るということで、そう簡単には実現しない。それに、インフレ率が2%超えてきても金融緩和は続けるといっており、市場参加者ががインフレを恐れているのとはまったく違う見方をしている。

新しい世界が来るとはいってもやはりモノのデフレは続くので、そもそもインフレ率はなかなか上がらないと思う。そんな中株価が上昇していけば、いずれはリーマンショック後のように、Fed(中央銀行)ビューとBIS(国際決済銀行)ビューのせめぎ合いが復活すると思う。インフレにならないなら金融緩和を続けてもいいという見方と資産インフレ、すなわちバブルを潰すために引き締めに転じるべきという議論が再燃するだろう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT