鈴木紗理奈、20年前の彼女から数段増した魅力 ドラマ「SPECサーガ」久々の出演に明かした本音

拡大
縮小

――紗理奈さんが出ただけで『ケイゾク』のかっこいい世界感が蘇りました。

続編はギャグ色が強くなっていきますが、『ケイゾク』はハードボイルドが散りばめられていましたよね。いまだに色褪せないかっこよさですよね。『SPEC』や『SICK’S』から入った方にも『ケイゾク』までたどって見てほしいです。

――堤演出はいかがでしたか。

堤監督ほど役者をのびのびとさせてくれる監督には会ったことがないです。20年前はそれほど現場の経験もなかったので、そのありがたさがわからなかったのですが、年齢や経験を重ねて、久しぶりに堤監督の演出を受けてみると、みんながリラックスしてお芝居できるようにという雰囲気づくりをしてくださっていることに気づきました。そのおかげで久しぶりでも緊張しなかったです。

ただ、撮影の進行が速いので、あらかじめ台本をちゃんと読みこんで自分なりに芝居をイメージしていないと、現場で様子を見ながら進めていくようなことが通用しないことは大変でした。のびのびさせてはくださいますが甘えは許さない監督です。

(撮影:梅谷 秀司)

配信にはいろいろな可能性があって楽しい

――今回のドラマは配信ドラマです。鈴木さんはインスタへの投稿なども積極的に行っています。新しい媒体が続々登場する今をどう思っていますか。

『ケイゾク』のときは、YouTubeもTwitterもなく、監督や植田プロデューサーがファンの方々と交流するのはパソコン通信だった時代でした。その頃はごく一部のファンの方々としかつながることができなかったけれど、いまは、ほんとうにいい作品だったらSNSの口コミで広がりますし、配信ドラマだったら、好きな時間に見ることができるし、何度も繰り返し見ることもできて、ずっと大事にしてもらえます。地上波では放送できないハードボイルドな内容も配信だったらできるかもしれないですし、いろいろな可能性があって楽しいですよね。

次ページハードボイルド作品への思い
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT