鈴木紗理奈、20年前の彼女から数段増した魅力 ドラマ「SPECサーガ」久々の出演に明かした本音

拡大
縮小

――約20年ぶりに関連作品出演のオファーが来たときどう思いましたか。

『ケイゾク』に出演してからずっと、堤幸彦監督の作品にまた出たいと思っていたので、お話しをいただいたとき「やります!」と半ば食い気味にお返事しました。逆にこちらから「いつですか? スケジュール空けておきます!」と積極的に聞いたくらいです(笑)

鈴木紗理奈さんが気合を入れた初登場シーン(写真:TBS)

――『ケイゾク』の続編である『SPEC』や『SICK’S』を見ていましたか。

見て、出たいと思っていました。『SPEC』にも『SICK’S』にも『ケイゾク』の役を引き継いで竜雷太さんが出ているのを見て、こういうやり方があるのなら、私も……と思っていたところいいタイミングでお声がけいただいたので、念が通じたって感じですね。

――竜さんは『SICK’S』で以前演じた野々村光太郎の弟・光次郎という設定で、今回の鈴木さんは『ケイゾク』で演じられた木戸彩の妹・晶役として登場です。

『ケイゾク』の彩よりも晶はワイルドにしようと思って演じました。彩はいわゆる男勝りの刑事ではなく、庶務担当で合コンに行ったり恋をしたり、女性としての人生も謳歌していました。吸っているタバコは細いピアニッシモを吸っていたと記憶します。妹の晶は公安の特殊工作隊に所属していることもあって、姉より男らしい人物にしようと、ショッポ(ショートホープ)にして不良度というか少年度を強めてみました。私なりに少しは役作りしようと考えたんですよ(笑)

(撮影:梅谷 秀司)

監督、プロデューサー、脚本家が素敵に育ててくれた

――『ケイゾク』の彩は人気キャラでした。中谷美紀さん演じる主人公の同僚で、色っぽいうえにかっこよくて。

いまだに『ケイゾク』の彩が好きでしたと言ってくれる方がいてうれしいです。彩は最初に登場したときは庶務担当のお姉さんという感じだったのですが、ストーリーがすすむにつれてどんどんかっこよくなっていきました。『ケイゾク/映画Beautiful Dreamer』(2000年)のときは最上級にかっこよかったんですよね。堤監督や植田博樹プロデューサーや脚本家の西荻弓絵さんが彩を素敵に育ててくれたおかげです。

彩とは別人の妹とはいえ、今回、初登場のシーンからかっこいい登場になっていて、ノリノリでやりました。肩、ぶん回して、可動域広げて臨みました(笑)。登場は第2話からで、その回の演出は堤監督ではなく、『ケイゾク』のときはまだ演出をされていなかった高橋洋人さんだったので、私のほうから『ケイゾク』のときの空気感を見せないといけないと思って、積極的に自由にやらせてもらいました。とても楽しかったです。

次ページのびのびさせてもらったが甘えは許されない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT