プロが語るクラブハウス空間を快適にするコツ

よくある「3つの悩み」への対処法から考える

例えば、感謝の言葉。

「皆さん、今日は、◎◎のルームに来てくれてありがとう (ございます)」

また、10分から15分に1回は、「新しくルームに入ってきてくれた人たち、ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えるのもよいでしょう。

「ありがとう」は、言われた人も言った人も双方がハッピーになれるWIN-WINの言葉です。ぜひ意識的に使っていきましょう。

なお、お悩み3への直接的な対応については、

「皆さんにお話しいただきたいのですが、時間の都合などで、お呼びできない場合があります。その場合はごめんなさい(申し訳ございません)」

といったようにお伝えするとよいでしょう。

こうした気遣いが伝われば、モデレーターの人の「人間力」に好印象を持ち、ファンになる人も生まれるかもしれません。

ただし、参加者が数百人であるなど、人数が多くなれば、全員に気を配ることはなかなか難しい面も出てきます。そこは、リスナー側もぜひ、モデレーターの立場に立って、理解してあげる気持ちも大切になるかと思います。お互い様の気持ちです。

お互いの立場に立ち思いやりの優しさを持つのがマナー

以上、よくある3つのお悩みについて取り上げましたが、そのほかにも、言葉遣いを気にされる方も多くいらっしゃいます。実際、そこは意外に重要な点です。

例えば、どのくらいのくだけたしゃべり方にすべきか。

SNSを通じて親しくなるには、堅苦しいよりも、少し砕けた言い方のほうが親密になりやすいといわれます。

例えばモデレーターが、スピーカーのうちの誰かにマイクをオフにしてもらいたいとき。「○○さん、マイクをオフにしてください」というと、少しきつめに感じられてしまうかもしれません。

お願い、依頼でもありますので、ここはあえてくだけたやわらかい言い方にして、「マイクをオフにしてもらったほうがいいかもですねー」という感じでお声かけするのはどうでしょうか。きっと、その人に恥をかかせにくい言い方となり、場の空気が変わらずよいのでは、と感じます。

「ください」と言われると、とくに声だけのコミュニケーションの場合は、きつい印象に聞こえてしまいます。前者は、人前で注意をされた、というネガティブな気持ちになる可能性があります。

マナーは、お互いの立場に立って思いやりの優しさを表現するものです。それぞれがそれぞれのお立場で、心地よい空間を生み出していく、それがニューノーマル時代のマナーのあり方ではないかと考えています。

マナーとは、形や表面を整えるだけのものではないのです。お互いに心を開き合い、双方が、社会が、プラスになるコミュニケーションをとっていけたらいいですね。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT