プロが語るクラブハウス空間を快適にするコツ

よくある「3つの悩み」への対処法から考える

「Clubhouse」を楽しめるかどうかは、モデレーターのちょっとした気遣いでかなり変わってくるようです(写真:ZUMA Press/アフロ)

YouTube、Facebook、Instagram――。新たなSNSとして次は何がくるのかな、と思っていたところに現れました。Clubhouse(クラブハウス)。このところ連日、ネットでにぎわっています。

Clubhouseは、招待制の音声配信SNS。好みのテーマで立ち上げたroom(部屋)ごとに、ラジオのように音声配信することができ、自由に傍聴もできるという優れもの。挙手をして会話に参加もできる特徴もあり、そこが魅力的と感じる人も多いようです。

筆者がClubhouseを利用して感じたことは、スピーカー、とくにモデレーターと呼ばれるホストの「マナー」が問われるツールであるということです。この記事ではまだ定まらないClubhouseにおけるマナーについて、考えてみたいと思います。

どうあるべき?Clubhouse上のマナー

マナーというと、昨今は「作法」の「強制」などと、堅苦しく考えられがちです。お辞儀の仕方だとか、上座がどうとか、企業をはじめ、日本社会が「型」を重視しすぎてきたことの弊害でもあると思います。

しかし、本当に大事なことは他者への「配慮」です。マナーとは気持ちを表すものと考えれば、重要で有益なものと感じられるのではないでしょうか。

そうしたことを踏まえたうえで、Clubhouseにおけるマナーはどうあるべきか。今回はモデレーター(ホスト)の気遣いから解決するであろう点について、考えてみたいと思います。

Clubhouse体験者からのお悩みや感想から、現時点において、筆者のところに寄せられた質問トップ3について取り上げてみます。

次ページ途中退室したいんだけど…
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT